キャッシングを即日で利用出来る、今日中の借り入れに役立つ最短即日融資キャッシング情報です。

キャッシング即日の融資

消費者金融や一部の銀行カードローンでは、申し込み当日に最短即日でお金が借りられるサービスを実施しているところがあります。申し込みはネットで行い、そのままWeb契約で即日融資も可能となるところもあれば、契約機や店頭まで行く必要があるところなど、キャッシング即日利用もその方法は様々です。

どのような方法であれ、すぐに借りたいのであれば当日中の借り入れに対応しているサービスに申し込む必要がありますので、まずは各社、各サービスの審査時間や融資条件を確認し、ネットからの手軽な申し込みをしてみると良いでしょう。

  • 即日キャッシングで重要な審査時間

当日中にお金を借りるキャッシング即日融資で最も重要なのは、審査時間です。契約の前にまずは審査に通過しないとキャッシングは利用出来ませんので、借りられるかどうかの審査結果の連絡は、当然ながら早ければ早いほど良いのです。

早い審査で借りる

審査回答が最短即日としているところでは、審査完了までにかかる時間の目安が分かりません。しかし、大手消費者金融に多い最短30分回答の審査であれば、一つの時間的な目安として手続きが進められるようになり、素早いキャッシング即日での利用も可能となるのです。

審査の早いキャッシングを使う

最短30分審査回答の消費者金融は数多くあります。その中でも早い手続きで有名な、プロミスのキャッシング即日利用についてをまずは見ておくと良いです。

プロミスには即日融資の受け方がいくつかあり、メジャーとされているのはネットで全ての手続きを済ませるWeb契約と、カードの受け取りを自動契約機で行う契約機での手続きです。どちらにも良い点や悪い点、メリットとデメリットがあり、他の消費者金融やキャッシングにも共通する部分が多いので、一つの基準として見ておくと良いでしょう。

  • Web契約での即日融資

来店不要となるWeb契約でキャッシング即日利用をする場合には、決められた時間までに契約を済ませ、振り込み手続きを終えなければなりません。プロミスの場合は平日14時までとなっていますので、審査に時間がかかってしまったり、確認に手間取ると時間に間に合わず、翌営業日の振り込み扱いとなってしまう場合もあるのです。

  • 契約機での即日カード受け取り

契約機の場合なら夜まで営業をしているところが多いので、Web契約よりも時間に余裕があります。また、週末でも平日同様に営業をしているため、土曜や日曜にお金が無くなったときでも安心です。しかし、デメリットは契約機まで行かなければならない点にあり、入るところを誰かに見られてしまう可能性も少なからず存在しています。

  • カード受け取りをより素早く行うには

プロミスでも他のキャッシングでも、最短即日で契約機でカードを受け取る際には事前にネットで申し込みを済ませ、審査を受けておくとその後の手続きがスムーズに素早く進みます。ネット申し込みなら審査結果はメールか電話となり、もし万が一にも審査落ちとなった場合には、わざわざ契約機まで行く手間もなく、無駄なく諦められるのです。

契約機で申し込みから全て進めてしまうと、申し込み用紙への記入が必要であったり、審査結果が出るまでその場で待たなければならなかったりと、何かと手間や時間がかかってしまいます。また、審査落ちとなってしまえばそのまま契約機から帰るしかありませんので、それまでの時間も全て無駄なものとなってしまうのです。

即日キャッシング選び

素早いキャッシング即日利用のポイントを理解したうえで、借り入れ先を選ぶようにして下さい。自分に合ったサービスを提供しているキャッシングを利用することで、より暮らしに役立てていけるようになります。あわせて自分が何のために借りたいのか、どういった目的でいつまでにお金が必要なのかも、しっかりと確認をしておくようにしましょう。

借入先
ブランド
金利
実質年率
利用
限度額
審査時間
(目安)
融資時間
(目安)
プロミス 4.5%~
17.8%
1万円~
500万円
最短
30分
最短
1時間
  • 各サービスの即日融資利用条件

プロミス
平日14時までのWeb契約完了、または営業時間内の契約機でのカード受け取りが条件となります。

アイフル
申し込み時間によっては翌営業日の扱いとなる場合もあります。

アコム
平日14時までの振り込み手続き、または営業時間内の契約機でのカード受け取りが条件となります。

モビット
申込申し込みの曜日や時間帯によっては、翌日以降の取り扱いとなる場合があります。

ノーローン
12:30までの審査結果連絡で、最短即日融資も可能となります。

キャッシング即日の注意点

キャッシングを即日で利用したい場合には、申し込み内容のミスや不備には十分に注意をしておきましょう。入力内容に間違いがあると、確認のために申し込み先から連絡が入り、仕事中などの理由で対応が出来ないと、手続きが進まなくなってしまいます。

どんなに些細なミスでも消費者金融も銀行も、勝手には申し込み内容は変更をしません。全て本人に確認後に訂正をしますので、入力内容の間違いは手続きに時間がかかる原因、キャッシングを即日で借りられなくなる大きな注意点と言えるのです。

  • 急いでいるときこそよく確認

ちょっとしたミスであれば確認後の審査が進みますが、大きな間違いや虚偽記載と取られるような内容では、キャッシング審査に悪影響が出る場合もあります。急ぎで焦って申し込みをするとミスを誘発してしまいますので、早くに借りたいときこそよく確認をし、ミスが無いように手続きを進めてください。

審査を不利にしないためには
キャッシング審査のポイント

即日融資でキャッシングを利用する際には、なるべくなら審査が不利にならないよう、問題なく通過出来るように申し込みを進めたいものです。急ぎで借りたいのに審査結果がNGでは時間のロスとなってしまいますので、下記のキャッシング審査における注意点をしっかりと把握し、申し込みをするようにしましょう。

  • 同時に申し込みを進めない

複数のキャッシングに立て続けに申し込みをする「多重申し込み」は、審査における大きなマイナスポイントとなってしまいます。なるべく申し込み先は絞り、余計な審査は受けないようにしましょう。

  • 虚偽の記載はしない

基本中の基本ですが、申し込み内容は正確にミスなく入力をしましょう。年収や他社借り入れ状況などが主となり、虚偽の記載をしてもすぐにバレてしまい、審査に悪影響を及ぼすだけとなります。

キャッシング即日での借り入れをするためには、まずは審査に通らなければ始まりません。各サービスともそれぞれ審査基準を持っていますが、どこでも共通するのが「返済能力を超える貸付はしない」点です。

総量規制で定める年収の3分の1以上のキャッシング利用はもちろん、現状の他社の返済が遅れている、または不足での入金が記録されている場合には、当然ながらキャッシング審査には通りません。申し込みをする前にまずは自身の状況を確認し、問題が無いかを判断しましょう。

現在の年収と借り入れ状況で利用可能かは、各サービスのウェブサイト上で行える「借り入れ診断」で簡単な目安の確認が出来ます。プロミスの「3秒診断」やアイフルの「1秒診断」など、申し込み前に確認をしておくのも良いのです。

トップへ戻る